よくあるご質問

試験当日の持ち物について

試験会場に持っていくものは何ですか?
受験票、写真付きの身分証(パスポートなど)、ボールペン、マークシートをしっかりと黒く塗りつぶせる鉛筆(B、2B など)、よく消える消しゴム 【中国会場で受験する場合】本人確認票
受験票と身分証を忘れてしまいました。どうすればいいですか?
受験票と身分証(パスポートなど)の提示ができないと受験できません。絶対に忘れないでください。
受験票はどうすればいいですか?【日本の会場のみ】
A4の紙にモノクロ印刷(またはカラー印刷)してください。東京会場ではスマートフォン(iPhoneなど)に表示して提示でも構いません。

このページの上に戻る

お申し込みについて

受験票が試験日の1週間前になっても届きません。どうしたらいいですか?
【中国の会場で受験する場合】
試験日の2週間前以降に申し込み専用WEBで受験票をダウンロードしてプリントしてください。
【中国以外の会場で受験する場合】
中国以外の会場で受験をされる方は会場の責任者にお問い合わせ下さい。お問い合わせ先はこちらからどうぞ。
キャンセルしたいのですが、受験料を返金してもらえますか?
一度お振り込みいただいた受験料は、理由のいかんに関わらず、一切返金できません。受験日の変更は可能ですので申し込んだ試験日の1週間前までにご連絡下さい。

このページの上に戻る

試験問題について

日本語能力試験との違いは何ですか?
日本語NAT-TESTは日本語能力試験(日能試、JLPT)と同じ出題基準を使い、また、同じ形式で出題されています。「日本語 NAT-TEST」と日能試の「同じ名前の級」の難しさはほとんど同じですが、日本語NAT-TESTは日能試の模擬試験としても使えるように設計されているので、日能試と比べるとやや難しくなっています。
どのように勉強したらいいですか?
日本語能力試験のための勉強をしっかりとしていれば、日本語NAT-TESTにも合格できます。市販されている日本語能力試験用の問題集や参考書などを使って勉強してみてください。日本語NAT-TESTの公式テキストは専門教育出版発行の『学ぼう!にほんご』シリーズです。

このページの上に戻る

マークシート(解答用紙)について

マークシートとは何ですか?
選択肢の中から正しいと思う答えを1つだけ選んで、解答欄の指定された箇所を鉛筆で塗りつぶして問題に答える方法です。
日本語NAT-TESTのマークシートはどうやって使いますか?
選択肢の中から正しいと思う答えを1つだけ選んで、解答欄の指定された箇所を鉛筆で塗りつぶしてください。
マークシートを塗りつぶす時の注意点はありますか?
マークシートを塗りつぶすときは、鉛筆で丁寧に、黒く、濃く、しっかりと塗りつぶしてください。正しいと思う答えを2つ以上塗りつぶしたり、回答欄からはみ出したり、薄く塗ったりすると、すべて不正解になってしまいます。また、答えを直すときには、消しゴムできれいに消してください。

マークシート(解答用紙・3級)サンプル画像

このページの上に戻る

成績表・合格証・成績証明について

証書類(成績表・合格証・成績証明・受験票)に記載されている内容が違うときは、どうしたら訂正できますか?
記載内容に誤字や誤りがあり修正が必要な場合には、受験者が直接現地の試験会場事務局に修正を申請する必要があります。その際、顔写真付きの公的な身分証を提出してください。また、試験日以降の修正には手数料として受験料の半額をいただきます。
成績表と合格証の再発行はできますか?
証書類の偽造等の防止のため、成績表と合格証の再発行はできません。差し替えの場合、古い合格証と成績表と新しいものとの引き替えになります。

このページの上に戻る

受験者情報の修正について

顔写真が違うので修正してください。
申し訳ございませんが、試験日翌日以降の顔写真の修正または変更はできません。
日本語NAT-TESTのマークシートはどうやって使いますか?
選択肢の中から正しいと思う答えを1つだけ選んで、解答欄の指定された箇所を鉛筆で塗りつぶしてください。
マークシートを塗りつぶす時の注意点はありますか?
マークシートを塗りつぶすときは、鉛筆で丁寧に、黒く、濃く、しっかりと塗りつぶしてください。正しいと思う答えを2つ以上塗りつぶしたり、回答欄からはみ出したり、薄く塗ったりすると、すべて不正解になってしまいます。また、答えを直すときには、消しゴムできれいに消してください。

このページの上に戻る

成績証明(入管提出用)について

入国管理局提出用の成績証明(成績照会)についてのよくあるご質問を読む

このページの上に戻る

そのほか

日本語NAT-TESTのNATって何の略ですか?
Nihongo Achievement Test(日本語学力テスト)の頭文字をとっています。日本語NAT-TESTの元になった日本語学力テストが由来となっています。
もう少しで合格だったんですが……、これからどう勉強すればいいですか?
たまたまケアレスミスをしたり、たまたま体調が悪かったり、たまたま知らないことが多く出題されたりして試験日に力を出すことができなかったのかもしれません。180点満点の試験で合格点に10点ぐらい足りなくて不合格になるというのは、点数の割合でいうとたった5%の差ですから、「本当は合格する力はあったのだけれど、今回はたまたま運が悪くて落ちてしまった」と考えてもいいでしょう。気持ちを切り替えて引き続き勉強してください。次はきっと合格するはずです。また反対に、合格していても合格点から10ぐらいしか差がない人は「合格したけれども、もしかしたら落ちたかもしれない」と気を引き締めて、これからもしっかり勉強していきましょう。がんばってください。

このページの上に戻る