日本語NAT-TESTについて

試験の概要

日本語 NAT-TEST」は、日本語を母語としない日本語学習者の日本語能力を判定する試験です。5つの級(レベル)ごとに、「文字・語彙」「聴解」「読解」の3つの分野の試験によって日本語能力を総合的に評価します。出題の基準と構成は日本語能力試験(日能試、JLPT)とほぼ同じです。

このページの上に戻る

日本語NAT-TESTの利点

国内外で20年以上にわたる実績

日本語NAT-TESTは、1989年に最初の試験が実施されて以来、日本国内だけでなく、中国や台湾、韓国などの海外でも年2回実施されてきた「日本語学力テスト」のノウハウにもとづいて作問されております。日本語学力テストは、多くの日本語学校・日本語教育施設では授業の一つとして採用され、学生の成績評価や進路指導などに積極的に利用されています。

日本語能力試験対策として最適

日本語NAT-TESTの出題の基準や構成は、日本語学力テストと同様に、大学の入学試験や日本留学ビザ発給の際に受験者・申請者の日本語能力を測る目安として一般的に使われている日本語能力試験(JLPT)に準拠しているため、日本語能力試験の事前対策として最適です(たとえば、「日本語 NAT-TEST」の5級と日本語能力試験のN5はほぼ同じ難しさです)。また、日本語能力試験は年に1回の実施ですが(1級と2級は年2回)、本試験は年に6回の実施なので、日本語学習の進み具合をより細かく確認することができます。

すぐに分かる結果、詳しく分かる成績

日本語NAT-TESTを受験されたすべての方には、試験日から約3週間以内に「成績表」が発行されます。成績表には、総合評価だけでなく、部門別・問題別の得点と評価が詳しく書かれ、受験者の得意・不得意が一目で分かるようになっています。また、合格者には「合格証」が発行されます。

成績表と合格証のサンプルはこちらでご覧になることができます。

高品質の作問

日本語NAT-TESTで出題される問題は、ベテランの日本語教育者や日本語教科書の編集者を含む複数の作問委員によって作成されています。また、作問基準資料として、日本語教育界で定評のある専門教育出版の『1万語語彙分類集』や『語彙別漢字基準表』などが使用され、品質の高い試験問題を保証しています。

厳正な試験運営

日本語NAT-TESTは不正を許しません。公正な試験を行うために、日本語NAT-TESTのすべての受験者は本人確認のための顔写真の提出が義務づけられ、本人の顔写真入りの受験票が発行されます。また、試験当日には、各試験会場の試験監督官が受験票と身分証明書等によって本人の確認を行います。

また、日本語NAT-TESTは、プログラムの厳正な運営のために、すべての受験者、利用者、運営者が守るべきルールとして「日本語NAT-TESTフェアネス・コード」を設けています。皆さまのご協力をよろしくお願いいたします。

「日本語 NAT-TESTフェアネス・コード」について読む

このページの上に戻る

級(レベル)と内容

日本語NAT-TESTには5つの級(レベル)があります。もっとも簡単なレベルから「5級」「4級」「3級」「2級」「1級」です。それぞれの級の難しさは、日本語能力試験(日能試)のN5~N1に対応しています。

試験は、1級・2級は「言語知識(文字・語彙・文法)・読解」「聴解」、3級・4級・5級は「言語知識(文字・語彙)」「言語知識(文法)・読解」「聴解」の分野からなりたっています。実際の試験では、これらの分野の試験を半日で行います。

もっと詳しく読む

このページの上に戻る

日本語能力試験(JLPT)との比較

日本語NAT-TESTについて日本語能力試験と比較しながら詳しく説明します。

もっと詳しく読む

このページの上に戻る

成績表と合格証

日本語NAT-TESTのすべての受験者には「成績表」が発行されます。また、合格者には受験者の顔写真入りの「合格証」が発行されます。下のリンクをクリックすると、成績表と合格証のサンプルの画像を見ることができます。

もっと詳しく読む

このページの上に戻る

お申し込みからの流れ

ここでは、試験のお申し込みから、試験当日、成績表の受け取りまでの流れをご説明します。

もっと詳しく読む

このページの上に戻る

試験結果

ここでは、これまでに行われた日本語NAT-TESTのデータを見ることができます。

もっと詳しく読む

このページの上に戻る

試験問題の作成の流れ

日本語NAT-TESTで使用される試験問題は、次のような流れで作られています。

  1. 日本語NAT-TEST運営委員会の作問専門委員が全問題を各自作成
  2. 日本語NAT-TEST運営委員会内スタッフによるチェック・整理作業
  3. 作問委員が問題の1次案を作成
  4. 作問委員の全体会議で1次案の全問題をチェック・修正を経て、2次案を作成
  5. 基準検討委員でチェック。意見書付で作問委員に返却
  6. 基準検討委員の修正意見に基づき、作問委員で修正作業。必要に応じて、上記(4)と(5)のプロセスを繰り返し、3次案を作成
  7. 校閲委員によるチェックを経て、校了

このページの上に戻る

試験の運営について

日本語NAT-TESTの運営は、専門教育出版 日本語NAT-TEST運営委員会(東京都新宿区)がすべて行なっています。日本国外での試験については、各国に運営本部が設置され、同委員会の指導・監督の下、厳正に実施されています。

このページの上に戻る

よくあるご質問

ここでは、 日本語NAT-TESTについてよくあるご質問にお答えします。

もっと詳しく読む

試験問題の例について

ここでは、実際の試験問題の例を見ることができます。

5級の問題の例を見る

ダウンロード

ここでは、 日本語NAT-TESTのパンフレットやポスターなどをダウンロードすることができます。

もっと詳しく読む

このページの上に戻る